C# whileの使い方や書き方

whileとは、条件式の結果がtrueである限り{}(ブロック)内の処理と条件式を繰り返し実行するものです。

whileの使い方や書き方

while(条件式)
{
    処理
}
1. while(条件式)の実行結果がtrueだと、{}(ブロック)内の処理を実行します。
2. {}(ブロック)内の処理が終わると再びwhile(条件式)を実行します。
3. while(条件式)の実行結果がtrueである限り、ブロック({})内の処理while(条件式)を繰り返し実行します。
4. while(条件式)の実行結果がfalseだと、処理を実行せずに、whileを終了します。
using static System.Console;
class TestClass { static void Main() { int i = 1; while (i < 4) { WriteLine("イチゴが" + i + "つ"); i++; } } }
イチゴが1つ
イチゴが2つ
イチゴが3つ
int i = 1;

変数「 i 」に「 1 」を代入して初期化しています。

while (i < 4)

変数「 i 」の値が「 3 」以下の場合、ブロック内の処理を繰り返します。

WriteLine(“イチゴが” + i + “つ”);

「 イチゴがiつ 」と表示します。
1回目の処理が実行される時、「 i 」の値は「 1 」なので、「 イチゴが1つ 」
2回目の処理が実行される時、「 i 」の値は「 2 」なので、「 イチゴが2つ 」
3回目の処理が実行される時、「 i 」の値は「 3 」なので、「 イチゴが3つ 」
と表示されます。

i++;

変数「 i 」に「 1 」が追加されます。
変数「 i 」は「 int i = 1; 」で「 1 」で初期化しているので、
1回目の処理で「 i 」の値が「 1 」増えて「 2 」
2回目の処理で「 i 」の値が「 1 」増えて「 3 」
3回目の処理で「 i 」の値が「 1 」増えて「 4 」
になります。
変数「 i 」の値が「 3 」以下の場合、ブロック内の処理を繰り返すので、3回ブロック内の処理を繰り返します。

whileの処理の流れ

using static System.Console;
class TestClass
{
    static void Main()
    {
        int i = 1;
        while (i < 4)
        {
            WriteLine("イチゴが" + i + "つ");
            i++;
        }
    }
}
1回目の処理の実行

1. int i = 1;が実行
変数「 i 」が「 1 」で初期化される
2. while (i < 4)が実行
変数「 i 」の値は「 1 」なので、実行結果がtrueになり、ブロック内の処理が実行
3. ブロック内のWriteLine(“イチゴが” + i + “つ”);が実行
変数「 i 」の値は「 1 」なので、「 イチゴが1つ 」と表示
4. ブロック内のi++;が実行
変数「 i 」の値に「 1 」が追加され「 2 」になる

2回目の処理の実行

1. while (i < 4)が実行
変数「 i 」の値は「 2 」なので、実行結果がtrueになり、ブロック内の処理が実行
2. ブロック内のWriteLine(“イチゴが” + i + “つ”);が実行
変数「 i 」の値は「 2 」なので、「 イチゴが2つ 」と表示
3. ブロック内のi++;が実行
変数「 i 」の値に「 1 」が追加され「 3 」になる

3回目の処理の実行

1. while (i < 4)が実行
変数「 i 」の値は「 3 」なので、実行結果がtrueになり、ブロック内の処理が実行
2. ブロック内のWriteLine(“イチゴが” + i + “つ”);が実行
変数「 i 」の値は「 3 」なので、「 イチゴが3つ 」と表示
3. ブロック内のi++;が実行
変数「 i 」の値に「 1 」が追加され「 4 」になる

4回目の処理の実行

1. while (i < 4)が実行
変数「 i 」の値は「 4 」なので、実行結果がfalseになり、whileが終了